FC2ブログ

熟れる業界の渦中で

各メディア作品紹介、主にアダルトゲームレビューの為閲覧注意。問題有りと判断した場合記事削除対応有り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

セカンドノベル ネタバレトピック

セカンドノベル ネタバレトピック
幾つかの誤読しやすいものについてあくまで一意見として記述。
セクション毎のお話あるいは直哉と千秋による口述によるもので事実は異なる可能性が有る。
よって答えはひとそれぞれに。

5年前の2月(雪乃死亡以後)の時系列事項について
 ・病院から屋上投身した雪乃の第一発見者はユウイチ
 (scEX2後学校の屋上で≦***≧が説明)

 ・以後ユウイチは雪乃の突発的な投身行動の原因を探り始める
  使命感的なものと同じ薬を服用する自分・彩野そして直哉の為に。
  (直哉の精神的なものについてはscEX1のバーでの先生とユウイチの会話で匂わせている)

 ・彩野は雪乃の投身の一因が恋の板挟み状態にあったのではないかと思い悩む。
 この時点で雪乃のお話中のユウイチ=直哉という事に気づいている。

 ・ユウイチの真相解明は彩野の治療に役立つ反面雪乃の家庭の内情を暴露する事になる
 (原因調査の危険性についてはユウイチと彩野の思い込みの可能性有り))
 彩野とユウイチは意見衝突する事になりこれまでより距離を置くようになる。
 この時点でユウイチからの距離感(scEX2でのユウイチの彩野との関係の弁)を
 感じた可能性も有るがこれについては確証(彩野不眠症再発)少のため一可能性として。

 ・上記のような位置関係が微妙な時に直哉が彩野に告白。(直哉曰く自己満足な行動)
 彩野は直哉の好意を雪乃の事から受けることはできず直哉とも距離を置くことになる。
 この時点で彩野が直哉に異性としての好意が有ったため事故後も好意を留めていられるのでは
 と一意見として思える。(見舞いにこまめに来ることを好意的に受け止めている)
 (sc3Bあらすじ後屋上での日常イベント sc7校庭での彩野とのやりとりから)
 ここで注意すべきは直哉に好意が有ったとしてもユウイチに対する好意は無くなっていない。

 ・直哉とユウイチはその後も表面上の希薄な付き合いは続く。
 (空き缶蹴りで外した方が飲み代持ちやダーツやバーでのやり取り)

 ・ユウイチの両親の離婚問題が起こり睡眠不足と精神不安定が深化する
 屋上でともに過ごす日々を送る中で由香里先生と意気投合しサボり同士関係となる
 休日やバーで過ごすうちに由香里を異性として向き合おうという気持ちが生まれ始める。
 彩野に対しては異性的な好意ではなく同種的半身愛であり直哉と一緒になる事を願う。
 (scEX1由香里のお話のため由香里の願望の可能性も有る)
 
 夏、雪乃の妹千秋が彩野とユウイチを屋上へ呼ぶ為に手紙を届ける
 屋上へ向かう途中ユウイチは図書室により由香里先生と会う。
 校庭から屋上へ向かう中で彩野はユウイチを追って目撃してしまう。
 錯乱に陥った彩野は教室に寄り好きだった相手(ユウイチ)の机を倒し
 屋上に向かう階段で出会ったユウイチを突き飛ばし屋上へ。 
 ユウイチも屋上へ向かい彩野に薬の副作用の真実を告白・暴露すると告げる。
 彩野は雪乃の為にそれを止めなければという思いと図書館で見た光景で錯乱状態が激しく。
 ユウイチは屋上から落下・彩野は屋上に留まる。
 (scEX2後学校の屋上で≦***≧が説明。ただ≦***≧が語る物語の可能性もある)
 
sc8以降の直哉と彩野の関係
パターン1
彩野は直哉に物語の真実(直哉によるアヤノへの告白)を告げないことを
手帳にルールとして書いており他にもルールづけがあるために(sc7の直哉の推測より)
何一つ変わることなく(sc7 5年後の直哉の弁)関係が続けているという可能性。
この場合お互いに恋愛感情が有っても明確には永遠に相思相愛という関係になれない。

パターン2 
(scEX2 女子生徒と≦筑紫さん≧との会話 彼女と一緒に 良かった)
直哉と綾野が付き合っているという描写
(scEX2 女子生徒と≦お母さん≧との会話 あちらの家に行ってます 彼(父?)の匂いがする)
といった描写から直哉・綾野ともに両親公認での付き合いがあり
お互い両親公認の仲になり関係が深まっていると取れなくはない。
(この場合綾野のルールはどういったものが有りそれをどうクリアしたかが問題になる。)

補足:scEX2女子生徒と≦筑紫さん≧との会話
似ている 千秋と筑紫さんは似ている 同じ相手を好きなったが恋は叶わなかった事が
応援している 私は今は幸せに、だからあなたも新しい幸せを探してね
というのが私を含めた身内プレイヤー内での感想。


セクション1
彩野と直哉によるアヤノ視点でのアヤノとサクラとの出会い話
サクラという人物の存在を知る。

セクション2
彩野と直哉によるアヤノ視点でのユウイチの屋上転落とおまじないによる回避話
ユウイチの転落とおまじないの関連性。

セクション3
彩野と直哉によるアヤノ視点でのアヤノとユウイチの恋愛話
キスを交わして仲が深まる(3A) キスをしないで幼馴染み関係維持(3B)
思い出そうとしているお話はアヤノとユウイチを結び付けようとするお話。
一方でアヤノとユウイチを結び付けようとしないお話でもある。

セクション4
彩野と直哉によるユウイチ視点での屋上でのアヤノとユウイチの転落話
アヤノ転落はユウイチにより阻止(4A) サクラとユウイチが転落(4B)
思い出そうとしているお話はアヤノをユウイチが救うお話。
一方でアヤノもユウイチも転落してしまうお話でもある。

セクション5
彩野と直哉によるサクラ視点での5年前のアヤノとサクラとユウイチの交流話
5年前、綾野の入院時の出来事が綴られる。
またサクラである千秋の姉雪乃の入院生活の一部始終が明らかになる。

セクション6
綾野によるアヤノ視点での結末を迎える事が出来なかったお話
手紙とお話のやり取りによって彩野は雪乃が直哉に好意を持っていたことを知る。
よって5年前の冬に直哉に学校の屋上で告白された時
好意を持ちつつも直哉の好意を受け止めることが出来なかった理由が明らかになる。
プレイヤーにこの事が直哉の独白により明かされるのはセクション7中にて。

セクション7
彩野と千秋の為に直哉によって創り出された5年前の再現のお話
雪乃が行おうとしていたおまじないである
直哉がユウイチとなって彩野に告白をする。
この行動により彩野と千秋が抱える罪悪感が誰に対してのものかが明らかになる。

セクション8
特定条件下での直哉・千秋の行動により彩野の精神的不安定要素が解消されるお話
彩野は不安要素を解消しようとして学校へ登校していた。
以後彩野の学校登校は無くなる。

セクションEX1
由香里によるユウイチとユカリ(由香里)のお話
5年前のユウイチの動向がわかる。
但し由香里の願望が含まれている可能性があり完全なユウイチのお話とは言い切れない。

セクションEX2
千秋によるサクラ(雪乃)とユウイチ(直哉)のお話
お話に入る前に街の住人に訊きこみを行う千秋らしき女子学生の動向シーンが綴られる。
最後は直哉らしき教師と千秋らしき女子生徒による雪乃と直哉と彩野とユウイチの回顧録。
但し例によって一番大切なことは黙っている直哉らしき教師と千秋らしき女子生徒が語り合う
千秋によるお話の為全てが真実であるとは言い切れない。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:セカンドノベル 〜彼女の夏、15分の記憶〜 - ジャンル:アダルト

感想後記(考察・攻略) | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<セクション1 | ホーム | セカンドノベル ネタバレトピック 攻略補助 >>

コメント

>ユウイチの真相解明は彩野の治療に役立つ反面雪乃の家庭の内情を暴露する事になる
綾野が雪乃と同じ薬を服用していることをユウイチが知っている描写ってありましたっけ?そもそも綾野の治療って書いてますが、秋に入院した時期とユウイチの事故直前以外では病にかかっているような描写ないですよね?

後者の死因について調べることの危険性は家庭の内情うんぬんというより、口止め料を貰っていた製薬会社や病院と戦わなければならないから。綾野が反対したのは、単に雪乃の死を思い出させるようなことをやめて欲しかった。


あと、これは聞いておきたいのですが、綾野はユウイチと直哉のどちらを最初好きだったとお考えですか?もしよろしければお聞かせください。
2010-08-04 Wed 22:08 | URL | Lian [ 編集 ]
コメント有難うございます。
こちらも私の解釈を掘り下げてコメントさせて頂きます。

治療に役立つ
そうだね。薬は 君のお姉さんと 繋がっている ある種の仮説を用いれば
アイツ(ユウイチ)はアイツなりに調査をしたんだろう
真実を伝えれば暗闇は照らされる
(scEX2後学校の屋上での≦***≧の説明から)


彩野の心の病について
低学年の彩野は父親と喧嘩してその場所から逃げ出そうとして学校屋上へ
入ることができたが出ることが出来ない状態(閉塞状態)に陥り
幼い頃に感じた信じられないくらいの絶望は心を深く傷つける事になった。
(sc7において***による彩野の家出のときの状況描写)
それから数年後入院先の病院でサクラと出会いとあるので完治はしていないのではと。


雪乃の死因について調べることは家庭の内情を暴露する危険性があるというのは
マスコミを通して世間一般に広めてしまう可能性があるという意味での暴露です。
(scEX2後学校の屋上での≦***≧の説明から)

lianさんが仰るように雪乃の家庭は後に雪乃が投身を起こした事から
最終的に薬の投与を含めた治療の一環への口止め料との認識が有り受け取ったのでしょう。

彩野とユウイチの家庭の場合は
ユウイチと薬の関与(ユウイチの組織的なもの等思い込みも含めて)を知らされた彩野を除いたユウイチと彩野の両親は薬が数%でも投身行動を取るほど悪影響を与える事がある
とは認識していない可能性が高いと思われます。
(scEX2≦お母さん≧の話中でも騒がれる行為自体を迷惑がっている)


最初にというのは3人が出会った時点でという事でしょうか。だとするとユウイチ。
(ユウイチは幼い頃から一緒にいる幼馴染。直哉はユウイチの友達という感覚)
入院をした後退院前後はユウイチと直哉。
(一方は幼馴染一方はよく面会に来てくれる友達)
以後は記述したように。
2010-08-05 Thu 06:33 | URL | 灰の風来人 [ 編集 ]
返信ありがとうございます。
やはり私とは解釈を異にする部分も多いようですが
私自身かなり読み落としていたところが多いようにも思うので
2週目プレイ時に参考にさせて頂きたいと思います。
2010-08-05 Thu 13:05 | URL | Lian [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。